DWEユーザー

【DWE】 TAC仕分け インデックスデータ無料ダウンロードとTAC収納方法

DWE教材を購入したあとにやっておくと便利な内職の一つに、TAC(トークアロングカード)の目印つけ・カテゴリ分けがあります。

 

TAC仕分けって呼ばれてるよ!
カテゴリの例
【カテゴリ】 【単語】
Animal cat, dog, elephant, mouse
Bathroom Bath time, soap, towel
things you build House, building,

トークアロングカードはそれぞれの単語がカテゴリ分けされてます。

ただ、カテゴリはトークカード自体には記載されておらず、ガイド本を見ないとわかりません。

こういったカテゴリや、オリジナルで加えた目印をトークアロングカードにつけておくと、次のようなメリットがあります。

TAC仕分けのメリット
  • バラバラになったカードの整理がしやすくなる
  • カテゴリごとにぬきだして取り組みやすくなる
  • カード同士を関連付けて覚えられる
  • ライトブルーCAP獲得の準備がスムーズになる
  • 他のカードゲームと一緒に使いやすくなる
  • TACを使う時のちょっとしたストレスが減る

この記事では、TAC仕分けとその後のTACライフが楽になるように、次のものをご紹介しています。

  • インデックスのダウンロード用データ
  • スムーズに貼るためのシート(どのカードがどのカテゴリに対応しているかの一覧)
  • TACの収納方法

この記事を読み終えたら、面倒なTAC仕分けがとっても楽にできて、TACをもっと活用できるようになります

\ 無料 インデックスデータ /
全部一括で
ダウンロード

▲パソコンからダウンロードしてください。ZIPファイルにはいっています。

▼折るとそれぞれこんな感じになるインデックス用データです。

DWE TACインデックス レッスン

インデックス用データをチラ見したい方はこちらをどうぞ→BEDTIME

ご利用は個人利用のみとし、無料・有料にかかわらず二次配布はご遠慮ください。

\ 専用インデックスシールはこちら /

DWE TAC仕分け
欲しいインデックスを確認する

まず、どんなインデックスが欲しいかを確認します。

メリットの説明とかいらないから、とにかく全部あればいい!という方は、「DWE TAC インデックスシールのデータ無料ダウンロードはこちら」へ進んでください。

TACの仕分け(目印)にはいくつか種類があります。

  • カテゴリごと
  • レッスンごと
  • 枚数ごと
  • そのほか

DWE TAC 仕分けごとのメリット

仕分けして目印をつけると、どんなメリットがあるかご紹介します。

カテゴリごとに分ける

カテゴリはその単語がどんな分野の単語なのかを表しています。

TACで遊ぶときや声掛けするときに同じカテゴリの単語を一緒に使うと関連付けて覚えられます。

また、ライトブルーキャップの課題はいくつかのカテゴリのTACなので、CAPに取り組む時に、課題のカードを抜きだしやすくなります。

レッスンごとに分ける

レッスンを始める前(3~4歳くらい)までは不要ですが、レッスンを始めたら、同じ範囲の内容のTACに取り組むことが推奨されています。

その時に便利なのが、TACをレッスンごとに分けておくことです。

ただ、これはカード自体にイラストや色で目印がついているので、カードの面を見る分にはいりません。

まとまっているときにぱっと見えたほうがいいのか、でインデックスが必要かどうか判断します。

私は、今はレッスン前なこともあり、このインデックスはつけていません。収納方法や取り組み方でカバーしてみようと思っています。

枚数ごとに分ける

TACは一日5~10枚くらいずつは取り組むことが推奨されています。

このことから、インデックスを貼る位置で5~10枚ごとの塊がわかるようにしている人もいます。

ここでは、枚数に分ける用のインデックスは用意していません

 

使いやすくするための分け方

私は、こんな分け方があったほうが使いやすいな と思ったので、4種類のインデックスを付けました。

Draw itとAct it outカード

ファン・ウィズ・ワーズ(FWW)についている音声非対応の単語カード

このカードにある単語はすべてTACにはいっています。TACのほうにその目印をつけておけば、カードを床に並べて、TACの音声を流して、かるたみたいに遊ぶことができます。

赤と緑のマジックカード

マジックカード(Magic card)を通すには、別でプレートを立てる必要があるので、ほかのカードと一緒には使いにくいのが本音です。

抜き出せるようにしておくと、普段のTAC取り組みもはかどります。

ライトブルーキャップ

カテゴリを全部インデックスにする人は必要ないかもしれません。私はライトブルーキャップ課題がすぐに分かったほうが便利だと思ったので、インデックスを作りました。

CAPの進捗にあったカテゴリ分け

カテゴリ分けが必要になる時期は、CAP挑戦の進捗で変わってきます。(ワールドファミリークラブ会員の場合)

ライトブルー挑戦前におすすめ
TACの分け方

ライトブルーキャップ挑戦する前の2歳くらいまでのうちは、カテゴリ分けは特に必要ありません。赤と緑のマジックカードは別にしておいたほうが使いやすい、という程度です。

この間にインデックス作っちゃおう!

ライトブルーキャップ挑戦中におすすめのTACの仕分け方

CAP課題のカテゴリは次の通りなので、これを別に取りまとめておくと、CAP課題に挑戦しやすくなります。

ライトブルーCAP課題カテゴリ

Animals, Coloes, Food, Parts of the body, Bath time, Play time

この時も、赤と緑のマジックカードは別にしておいたほうが使いやすいです。

ライトブルーキャップ獲得後におすすめのTACの仕分け方

ライトブルーキャップを獲得したら、カテゴリごとに分けておく必要はなくなります。

ただ、カテゴリを分けておくと関連するカード同士がわかりやすくなるので、カテゴリインデックスはその目印になります。

  • カテゴリ
  • レッスン(BOOKの12区分)
  • マジックカード
  • Draw it /Act it out
  • 枚数ごと

このあたりに目印をつけておくと、TACを活用しやすくなります。

DWE TAC インデックスシールのデータ無料ダウンロードはこちら

欲しいインデックスのイメージができたら、データをダウンロードしてください。

\ DWE TAC インデックスデータ 無料/
全部一括で
ダウンロード

ご利用は個人利用のみとし、無料・有料にかかわらず二次配布はご遠慮ください。

\ 専用インデックスシールはこちら /

 

DWE TAC 必要なインデックスの枚数

ご紹介したコクヨのインデックスシールは、シート1枚に12枚シールが収まっています。

これから、インデックスの種類ごとに何シート必要かをご紹介します。

欲しいインデックスのシート数を足していったら、合計何シートになるかをメモしてください。

1袋に10枚シートが入っているので、必要な袋の数、インデックスシールを買ってください。

カテゴリ、カテゴリ以外、レッスンごとのすべてをつける場合に必要なシート数は117枚です。12袋必要になります。

ダウンロードしたデータは、1シート全部(12枚)に同じデータが並んでいます。種類によってはシールが何枚か余ることをご理解ください。

とりあえず全部作っちゃおう、という方は12袋購入して、この先の「インデックスシール印刷方法」に進んでください。

抜粋してインデックスを作りたい方は、この後のシート数をご確認ください。

実際に印刷作業に入る前に、ここでシールを購入しておく必要がありますが、先にこの後の流れを確認しておくと安心できると思います。

 

カテゴリインデックスに必要なシート数

カテゴリは全部分けても、いくつかだけにしてもOKです。

欲しいカテゴリのシート数を確認してください。


【カテゴリ】 【必要シート数】
全カテゴリ 42
ANIMALS 3
TRANSPORTATION 1
OUTSIDE A HOUSE 1
COLORS 1
PEOPLE 2
INSIDE A HOUSE 3
OPPOSITES 3
THINGS PEOPLE BUILD 1
FOOD 2
NATURE 2
PARTS OF THE BODY 2
FAMILY 1
ACTION with CHILDREN 3
BATH TIME 1
BEDTIME 1
HOW YOU FEEL 1
PLAY TIME 2
CLEAN-UP TIME 1
MEALTIME 3
THINGS YOU WEAR 2
GETTING DRESSED 1
CUTE SOUND 5

カテゴリ以外の仕分けに必要なシート数

赤と緑のマジックカード、Draw it /Act it outのカード、ライトブルーCAP課題のカテゴリに目印をつけたい方はこちらで必要なインデックスシールのシート数を確認してください。


【カテゴリ】 【必要シート数】
全部 28
MAGIC CARD 6
Draw it 7
Act it out 6
Light Blue CAP 9
Draw it /Act it outのカードは75枚ずつありますが、Boy/GirlのようにTACでは1枚にまとまっているものもあるので、枚数は一致しません

 

レッスンごとの仕分けに必要なシート数

インデックスシールのデータは準備中です。

各レッスンに必要な枚数は次の通りです。


 

レッスン シート数
合計 47
レッスン1 3
レッスン2 5
レッスン3 8
レッスン4 7
レッスン5 4
レッスン6 3
レッスン7 4
レッスン8 1
レッスン9 2
レッスン10 3
レッスン11 4
レッスン12 2
卒業課題用 1

▼レッスンの目印は、マスキングテープで目印をつける方法も人気です。

 

DWE TACインデックスシールの印刷方法

インデックスシールが用意できたら、印刷をしていきましょう!

TACインデックスシールのデータは等倍で作っています。

ただ、印刷設定によってうまくいかないこともあるので、必ずテスト印刷をしてください。

印刷の注意
インデックスシールの注意書きを見ると、給紙と排紙が同じ方向だとうまくいかないので、背面給紙のできるプリンタを使用するように書いてあります。

私は大丈夫でしたが、ダメなこともあるようです。これからプリンタを購入される場合は背面給紙もできるタイプをおすすめします。

ダウンロードしたデータを展開(解凍)する

ダウンロードしたインデックスデータはZIPファイルにしてあります。印刷する前に右クリックして展開(解凍)してください。

テスト用紙を用意する

インデックスのシールにはテスト用紙が付いているので、必ずコピーをしておいてください。

テスト用紙をA4サイズの紙に印刷した場合は、はがきサイズに切ってください。

ダウンロードしたデータを印刷する

ダウンロード後、展開(解凍)したPDFファイルは印刷設定で次のように設定してください。

印刷設定
  • ハガキサイズ
  • 等倍
  • フチなし

まずはテスト用紙に印刷をします。

印刷がズレてしまう場合

印刷の向きを変えてみても解決しなかったら、サイズや倍率を疑ってください。

私は、等倍設定だけではうまくいかず、フチなし設定も加えたら成功しました。

どうにも合わなければ、地道に倍率を102%、105%・・・といった感じで調整してみる必要があるかもしれません。

少しくらい印刷がズレても変な余白が入らないように、色がシールからはみ出すようにデータを作成しています。

本番用紙に印刷する

テスト用紙に印刷して大丈夫な設定が確認出来たら、本番用紙に印刷します。

それぞれ何枚印刷したらいいかは、先ほど「必要なインデックスの枚数」で記載したシート数を参考にしてください。

 

インデックスシールを貼る

無事インデックスが印刷出来たら、次は貼る作業です。

TACは、ひとつの単語でもふたつ以上のカテゴリに分類されているものが多くあります。

この列にこのカテゴリ、と決めて貼っていくと貼る場所がかぶってしまうことも・・・。

そこで、インデックスシールを貼る作業がめちゃくちゃスムーズになる一覧シート、作りました!

これで大幅に時短!!わーい!

このシートを使うと、それぞれのTACのどの場所にどのシールを貼ればいいかがわかります。

カテゴリごとに、貼る列があっちこっちいかないように、列の場所を調整してあります。

旧教材では、TACのガイドを見ても「マジックカードかどうか」しかわからないのです

この一覧シートも印刷したほうが、作業しやすくなります。

\ 無料ダウンロード /
TACインデックス
一覧シート

2019年3月以前の旧バージョン用の一覧です。
2019年4月以降のTACとは内容が一致しない可能性が大きいです。

 

一覧シートの見方

TACの単語を全部公開するわけにはいかないので、TAC番号でカードを表示しています。

左から順番に説明していきますね。一覧シートを印刷してから見ていったほうがわかりやすいかもしれません。

ブルー、グリーン、ライム、イエローのどの色のカードか書いてあります。

BOOK

1~12のどのブックのカードか書いてあります。TACのすみのほうに描かれているキャラクターも、1~12に分かれていますよね。

番号

これがとても重要な番号で、TACにかいてある番号と一致しています。単語の一覧を公開するわけにはいかないので、この番号をみながら貼り付け作業をしてください。

カテゴリ1~5

TACのガイドブックの後ろのほうに載っているカテゴリを、1~6の列に振り分けました。

上の図の一番下、7番のカードのように、ひとつのカードがふたつ以上のカテゴリに振り分けられていることもあります。

その場合でも、インデックスシールを貼る位置が重ならないように振り分けてあります。

4番みたいに、インデックスがひとつもつかないカードもあるよ

カテゴリ6(CUTE SOUND)

TACのガイドで紹介されているカテゴリですが、「もの」や「場面」と違い、通すと面白い音が出るカードです。

赤ちゃんの時は面白い音に反応しやすいので、こういったカテゴリ分けを生かすとよさそうです。

magic card

赤と緑のプレートを使うマジックカードの欄に*マークを付けてあります。

Draw it / Act it out

Draw it のカードに「D」、Act it out のカードに「A」と書いてあります。

light blue cap

ライトブルーキャップ課題のカードに、「LB」と書いてあります。

ここでご紹介しているデータ専用インデックスがTACの横に並ぶのは全部で10個までです。

全部インデックスにする場合、BOOKごとのタグは1列に収める必要が出てきます。

貼るインデックスを10個以下に抜粋するなら、どの列に貼るかは、あんまり気にしなくて大丈夫です。

BOOK番号のインデックスを2列以上にわけて貼りたい場合など、ほかにインデックスを貼りたい場合はCUTE SOUNDのシールをカテゴリ2や3の列に貼ってもOKです。

 

 

\ 無料ダウンロード /
TACインデックス
一覧シート

 

TACを番号順に並べる

一覧を見ながらなら、カードがバラバラの順番でもシールを貼っていくことはできますが、TACを番号順に並べておいたほうが断然スムーズです。

番号順に並べかえるのは、次のようにやると簡単です。

スムーズな並べ替え方
  1. 100の位で6つに分ける(1桁と2桁、100番台、200番台、300番台、400番台、500番台)
  2. 10の位で分ける
  3. 順番に並べ替える

TACの順番並べ替え作業はインデックスの印刷が終わってからやるのがおすすめです。

インデックス印刷後に並べ替えたほうが、教材が使えない時間が最短で済みます。

 

インデックスシールを貼る

TACを番号順に並べ替えたら、あとはひたすらに貼るべし貼るべし!です!

もし、次のような活用がしたい場合は、貼る前にスキャンや写真撮影をしておくのがおすすめです。

  • TACシール
  • スライドショー
  • TACノート

 

DWE TAC(トークアロングカード)の収納方法例

TACにインデックスシールを貼ったら厚みが出るので、元の箱にはきれいに収まりにくくなります。

次のような収納方法を参考に、ご自宅にあった方法で収納してみてください。

クリップや洗濯ばさみでとめる

10~20枚ずつに分けて、クリップや洗濯ばさみでとめます。

うちはこの方法で収納しています

端っこのカードに凹みがついちゃうので、それが気になる場合はほかの方法がよさそうです。

 

別な箱に入れる

無印良品のBOXがちょうどいいサイズです。

そのほかの分け方
  • ゴムでまとめる
  • ファイルに入れる
  • 穴をあけてリングをする

 

DWE TAC仕分けにおすすめのタイミングは開封直後

TAC仕分けはカードの番号順にするとスムーズなので、おすすめのタイミングは開封直後です。

一緒に不足枚数の確認をして、足りないものがあったらカスタマーセンターに連絡しましょう。

うちも1枚不足があって、ネットで連絡したら2日後に届きました!めちゃはや!

TACの活用に大切なのは毎日少しずつでもやること

TAC仕分け(カテゴリ分け)、お疲れさまでした!!

TACの活用に大切なのは毎日少しずつでもやることです。

うちは20枚ずつに分けてまとめて収納するようにした結果、「今日はこれだけでOK!」とか、「昨日の続きはこれ!」といった感じで、どーんとまとめて収納しているときよりも取り組みやすくなりました!

素敵なDWEのTACライフになりますように!!

【DWE】プレイメイト・TACの音の取り出し方とデータの中身・再生できるようにする方法この記事では、プレイメイトからTACの音声データを取り出して、いろんなところで使えるようにするため(再生できるようにするため)の音声デー...

 

おわりに

最後までお読みくださってありがとうございました!

ブログの更新情報はツイッターで発信しています。(@hiromisunny)
英語声かけ動画はYouTubeで発信しています。(ひろみおうち英語
DWEの日常はインスタグラムでも発信しています。(@hiromisunny)

フォローしていただけたら嬉しいです!

Instagramを
フォローする
Twitterを
フォローする

ABOUT ME
ひろみ
英語育児・暮らし・結婚・子育てについて発信しています。 英語声掛け動画はYouTubeで、DWE(ディズニー英語)の日常はインスタで投稿しています♪
ディズニー英語システム  資料請求

ディズニー英語システム
無料お試しセットをもらおう!

教材のイメージをつかむのにピッタリ
お試しCD,DVDはこちらから

この記事を読んだあなたへおすすめ